クラブフィリピーノ
Club Filipino

コースデータ
所在地フィリピン、セブ
コース長6128ヤード  パー71
コースレート70.5
プレー日2007年5月24日
設計者ピーター・チョンビアン
オープン1996年
キャディあり
ゴルフカートあり (フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
2.65
コースレイアウト
2
難易度
3
グリーンコンディション
3
フェアウェイコンディション
3
造形美、景観
3
 

高低差のある丘陵コース。山間の厳しい地形に、平坦な場所を探して造られている。打ち上げ、打ち下ろしの落差が大きいホールが多く、且つ落とし所が狭いので、正確なショットが必要。パー71で6100ヤードと短いが、ヤーデージ以上の難しさはある。ティから落とし所が確認できないホールが多いのが欠点だが、山間の大自然の中でのプレーは魅力がある。



2番ホールからの景観

3番ティからの景観

 
3番 パー4  322ヤード

3番 パー4 322ヤード(2)

3番 パー4 322ヤード(1)
角度のある左ドッグレッグの、急激な打ち下ろしの短いミドル。ティショットの落とし所が確認できないが、ロングヒッターはワンオン可能。グリーンは砲台で受けている。

 
6番 パー5  480ヤード

6番 パー5 480ヤード(2)

6番 パー5 480ヤード(1)
ほぼストレートの2オン可能の短いロング。ティショットは打ち下ろしで、セカンドは打ち上げになる。
 
11番  パー5 489ヤード

11番 パー5 489ヤード
グリーンまで残り100ヤード地点から、ほぼ直角に右に曲がっている短いロング。ティショットは左に池、右にOBがあり難しい。セカンドショットはOB越えでブラインドのグリーンに打っていくと2オンの可能性がある。セカンドをアイアンで刻み、3打目勝負が安全策。グリーンは強く受けている。
 
16番  パー4 330ヤード

16番 パー4 330ヤード(2)

16番 パー4 330ヤード(1)
左ドッグレッグの短いミドル。打ち下ろしのティショットは220ヤードで小さな池に捕まり、フエアウェイは狭い。セカンドショットはその池越え。グリーンは傾斜の強く受けている。
 
17番  パー3 185ヤード

17番 パー3 185ヤード(2)

17番 パー3 185ヤード(1)
左に池がある、クリーク越えのショート。右にもティからは見えない池がある。


 
余談

セブ市内、マクタン島のホテルとも1時間、セブ空港から50分。予約は受け付けていないが、ビジターのプレーは可能でトーナメントの有無だけの確認が必要。プレー当日はレストラン、売店が営業していなかった。土日以外は食料、飲み物を持参する方が良いだろう。

セブには、市内から1時間以内の場所に、セブCCアルタビスタG&CC、クラブフィリピーノ、マクタンコーラルGCの4つのゴルフ場がある。有名リゾートホテルが多くあるマクタン島唯一のコースのマクタンコーラルGCは、コースの評判が良くないので今回はプレーしなかった。