マニラサウスウッズG&CC、マスターズコース
The Manila Southwoods Golf & Country Club – Maters Course

コースデータ
所在地フィリピン、マニラ
コース長7225ヤード  パー72
コースレート75.8
プレー日2005年2月1日
設計者ジャック・ニクラウス
オープン1993年
キャディあり
ゴルフカートあり (フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.75
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
 

クラブハウスからの景観

クラブハウスからの景観
フラットな立地にマスターズ、レジェンズコースと合計36ホールあり、このマスターズコースの方が評価は高い。距離が7200ヤード台と十分あるのと、池、クリーク、バンカーが巧みに配されているので戦略性は高い。ニクラウス設計コースでよく見受けられる、池等のハザードがフェアウェイの左に配されているホールが多いので高いフェードボールで攻めると良いスコアーになるが、ドローヒッターにとってはスコアーメークには苦労させられるレイアウトだ。難コースだが、コースレート75.8ほどの難しさは感じなかった。
 
2番 パー4  443ヤード

2番 パー4 443ヤード(2)

2番 パー4 443ヤード(1)
フェアウェイの左は池で、その池がグリーン手前に食い込んでいる。グリーン前面は池に面しているので、正確なセカンドショットが必要。
 
4番 パー5 543ヤード
グリーン手前150から200ヤードのフェアウェイをクリークが斜めに横切り、そのクリークがグリーン手前も横切っている。
 

4番 パー5 543ヤード(3)

4番 パー5 543ヤード(2)

4番 パー5 543ヤード(1)
 
6番 パー4  415ヤード

6番 パー4 415ヤード(2)

6番 パー4 415ヤード(1)
右ドッグレッグ。ティショットは狭いフェアウェイ左右に配されたバンカーが効いている。右バンカーより更に右には池がある。セカンドは川越になり、縦に細長いグリーンの左右はバンカーによりガードされている。
 
8番 パー5  550ヤード
左に池があるストレートなホールでグリーンは少し左に振られている。グリーンは縦に細長く、その3方を水とバンカーでガードされている。 
 

8番 パー5 550ヤード(3)

8番 パー5 550ヤード(2)

8番 パー5 550ヤード(1)
 
9番 パー4  397ヤード
ティショットでは右に林とOB左には一連のバンカー群がある。セカンドは水で囲まれたアイランドグリーンに打つことになるので、緊張を強いられる。後方から見るアイランドグリーンは大変美しい。

後方から望む9番グリーン 

9番 パー4 397ヤード(2)

9番 パー4 397ヤード(1)
 
10番  パー4 429ヤード
クリークがフェアウェイ左側を走り、そのクリークが細長いグリーン右サイド全部に面する。このホールにはバンカーは全くない。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界のベスト500ホールに選ばれている。ティグランドが浮島になっていてユニーク。


10番浮島ティ

10番 パー4 429ヤード(2)

10番 パー4 429ヤード(1)
 
11番  パー4 401ヤード

11番 パー4 401ヤード(2)

11番 パー4 401ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。フェウェイはタイトで左は池。セカンドはクリーク越え。
 
16番  パー4 464ヤード

16番 パー4 464ヤード(2)

16番 パー4 464ヤード(1)
ティショットは池越えの長いミドルホール。グリーンはバンードされている。
 
18番  パー5 541ヤード

18番 パー5 541ヤード(2)

18番 パー5 541ヤード(1)
美しいやや右ドッグレッグ。ホール右にクリークと池が配されている。グリーン周りはバンカーが戦略的に配置されている。
 
余談

マニラ市内から車で40分。このマスターズコースはメンバー同伴が必要で、もう一つのレジェンズコースは旅行会社を通して予約可能。

2004年度Asian Golf Monthlyの読者の投票でマスターズコースはフィリピン第4位のコース。ジャック・ニクラウス設計の他のフィリピンのコースは、シャーウッドヒルズGC、フォレストヒルズGC、キャンプ・ジョンヘイGCがある。