ダナン GC
Danang Golf Club
コースデータ
所在地 ベトナム、ダナン
コース長 7190ヤード パー72
コースレート 74.6
プレー日 2014年5月2日
設計者 グレッグ・ノーマン
オープン 2010年 
キャディ あり
ゴルフカート あり(フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.90
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
5
 

リンクススタイルのコース。フェアウェイは広く硬いのでランが良く出るので距離を稼げる。池はほとんど無いが、多くのバンカーが効果的に配され、ラフは背の高いフェスキュー草と荒地の砂地が待ち構えている。グリーンは起伏が激しく、速い。いくつかのホールで設計者の出身地、オーストラリア・メルボルンのサンベルト地帯のゴルフ場を彷彿させるほど、デューン(砂丘)が多い。



クラブハウスからの景観

3番ホールのデューン

16番グリーンに隣接するビーチ

スコアカード
 
2番 パー3 219ヤード

2番 パー3 219ヤード(2)

2番 パー3 219ヤード(1)
距離のある池越えのショート。グリーンに右に3つ左に1つの深いバンカーが配されている。グリーンは縦長の2段状態。
 
3番 パー4 459ヤード

3番 パー4 459ヤード(2)

3番 パー4 459ヤード(1)
ストレートの長いミドル。ティから255ヤードで右フェアウェイバンカーに捕まる。グリーンは砲台で、手前に2つのバンカーが口を開けて待っている。グリーン右と奥もバンカーでガードされている。
 
5番 パー5 575ヤード
やや右ドッグレッグのロング。セカンドは緩やかな打ち上げ、サードは打ち上げ。ティショットでは左フェアウェイバンカーは220ヤード、右フェアウェイバンカーは270ヤードで入る。ティショット、セカンドとも落としどころが狭い。サードはグリーン手前の2つと奥のバンカーに注意。
 

5番 パー5 575ヤード(3)

5番 パー5 575ヤード(2)

5番 パー5 575ヤード(1)
 
6番 パー4 432ヤード

6番 パー4 432ヤード(2)

6番 パー4 432ヤード(1)
ほぼストレートのミドル。ティグランドから265ヤードの地点より左からデューンが迫っており、飛べば飛ぶほど落とし所が狭くなっている。セカンドはやや打ち上げ。グリーンの左手前にバンカーが配されている。グリーンは奥が下がった2段状態で、ピンが奥に切られた時はセカンドの距離感に注意が必要。
 
10番 パー5 630ヤード
フェアウェイは左右に少し蛇行しながらほぼストレートの長いロング。ティショットでは右コーナーに連座する3つのバンカーを越えるには270ヤードのキャリーが必要。ロングヒッターはセカンドで左フェアウェイバンカーとフェアウェイ中央に配されたバンカーが効いてくる。グリーンは横長で、左が高い2段状態。
 

10番 パー5 630ヤード(3)

10番 パー5 630ヤード(2)

10番 パー5 630ヤード(1)
 
11番 パー3 183ヤード

11番 パー3 183ヤード(2)

11番 パー3 183ヤード(1)
少し打ち下ろしで砲台グリーンに打っていくショート。グリーン手前2つと奥の1つのバンカーが効いている。ティグランドからはグリーンは一見小さく見えるが、実際は大きい。
 
13番 パー4 483ヤード

13番 パー4 483ヤード(2)

13番 パー4 483ヤード(1)
やや左ドッグレッグのとても長いミドル。ティショットのフェアウェイは広いので思いっきり飛ばしたい。グリーンは砲台縦長で、緩やかな2段状態。グリーンの左2つと右手前のバンカーが効いている。セカンドの距離と正確性が要求されるホール。
 
14番 パー4 319ヤード

14番 パー4 319ヤード(2)

14番 パー4 319ヤード(1)
とても短いストレートのミドルフェアウェイ中央に小さなバンカーが配され、245で入り265ヤードで越える。そのバンカーを越えると緩やかな下り勾配になるので、ロングヒッターはグリーン近くまでボールを運べる。ティグランドから275ヤード先からはグリーン右手前まで長いバンカーが横たわる。グリーンは少し砲台。
 
16番 パー3 148ヤード
短くて易しいが、とても美しく絵葉書になるショート。グリーン奥に望む海と緑色のグリーンとのコントラストが眩しい。
 

16番 パー3 148ヤード(3)

16番 パー3 148ヤード(2)

16番 パー3 148ヤード(1)
 
余談

ダナン市、ダナン空港からともに車で20分強。近くにあるモンゴメリー・リンクスは車で2、3分ほどの近距離。距離はグリーンセンターでなくフロントエッジまで。



キャディ

レストラン

ランチ

プレー前日の宿泊はホイアンのリトルホイアン・ブテックホテルに泊まり、ゴルフ場までの移動時間は20分だった。この川沿いのホテルは趣があり、スタッフは皆フレンドリーで心地よい。世界遺産のある旧市街地にも徒歩で10分ほどと近い。



リトルホイアン ブティックホテル

リトルホイアン ブティックホテル

部屋からの景観

前夜は旧市街地にあるMorning Glory で食事した。雰囲気が良くて美味しかった。



Morning Glory

Morning Glor

Morning Glory

グレッグ・ノーマン設計の他のベトナムのコースはブラフス・ホーチャムストリップ GCがある。アジアでは日本の白鷺GC、インドネシアのニルワナバリGCラグーナ・ビンタンGCリバーサイドGC、テリングベイG&CC、中国の凱歌(厦門)GCミッションヒルズGC・グレッグノーマンコース、タイのタナ・シティG&CC、フィリピンのスプレンディド・タールGC、韓国のジェード・パレースGC、ジェジュアイランドGCがある。