ザ・タマンダユGC
The Taman Dayu Golf Club 
 
コースデータ
所在地 インドネシア、スラバヤ  
コース長 7124ヤード パー72  
コースレート 75.7  
プレー日 2008年9月2日  
設計者 ジャック・ニクラウス  
オープン 1995年  
キャディあり 
ゴルフカート あり(強制)  
評価
総合評価
5.25
コースレイアウト
5
難易度
6
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
6
クラブハウス
   
 

グリーンから望む2番ホールと山景
雄大な山の麓に展開する戦略的なコース。各ホールが完全にセパレートされ、両サイドが豊富な樹木でガードされ、ドッグレッグ、打ち上げ、打ち下ろし、谷越え、棚田越えなど、変化に富み、また、随所に池とバンカーも配されていて、チャレンジングなコースに仕上がっている。アウトはそれほど難しくないが、インは相当手強い。コースの至る所から見える3つ雄大な山の景観も素晴らしい。海抜500メートルのコースなので比較的涼しい。
 

3番グリーンから望む山景

5番グリーン横の段々畑

12番ホールから望む山景

   
2番 パー5 565ヤード
ストレートの左右にOBがあるロングホール。ティーショットは打ち下ろしで、右のフェアウェイバンカーが効いてくる。セカンドショットのフェアウェイは右には木立が並び、左は池に面していて狭いので、正確なショットを要求される。またファエウェイは池の方に左傾斜しているので、セカンドショットでドローボールを打つとファエウェイに打っても池まで転がり落ちる可能性が高い。グリーン前面も池に面し、グリーンは横長で受けている。
 

2番 パー5 565ヤード(3)

2番 パー5 565ヤード(2)

2番 パー5 555ヤード(1)
 
3番 パー3 202ヤード

3番 パー3 202ヤード(2)

3番 パー3 202ヤード(1)
谷越えのショートホール。左にOBがあり、グリーン手前は下り傾斜のスロープ、右は深いバンカーでガードされている。
 
 
4番 パー4 430ヤード

4番 パー4 430ヤード
ストレートの狭いミドルホール。ティーショットは左のOBは浅いので注意が必要。グリーンは砲台形で手前は深いバンカーでガードされている。
 
 
5番 パー4 432ヤード
右ドッグレッグの打ち上げていくミドルホール。ティーショットは2つのバンカーで左右に分かれたダブルファウェイに打っていく。セカンドショットは棚田越えでグリーン前面は田畑に面しているので、直接グリーンを捉えるキャリーボールが必要。グリーンは40ヤードの横長。ティーショットの飛距離と、セカンドの正確性が要求されるタフなホール。
 

2番 パー5 565ヤード(3)

2番 パー5 565ヤード(2)

2番 パー5 555ヤード(1)
 
6番 パー4 458ヤード

6番 パー4 458ヤード(2)

6番 パー4 458ヤード(1)
左ドッグレッグの緩やかな打ち下ろし。ティーショットはハザード越えで、フェアウェイは狭い。セカンドショットはクリーク越え。グリーンは砲台状で横長。右手前のガードバンカーは深いので避けるべき。
 
 
9番 パー3 230ヤード
9番 パー3 230ヤード
とても長く難しいショートホール。横長グリーンの右半分手前は池に面し、奥にはバンカーが配されている。
 
 
11番 パー4 389ヤード

11番 パー4 389ヤード(2)

11番 パー4 389ヤード(1)
ストレートで打ち上げのミドルホール。山に向かって打つショットは気分爽快。セカンドショットはグリーン手前の深いバンカーが効いてくる。グリーンは縦長。
 
 
13番 パー4 360ヤード
ほぼストレートのミドルホール。セカンドショットは急峻な打ち上げ。グリーンは横長で、手前に深いバンカーが配されている。セカンドショットでの正しいクラブ選択が重要になる。
 

13番 後方から望むグリーン

13番 パー4 360ヤード(2)

13番 パー4 360ヤード(1)
 
15番 パー5 602ヤード
左ドッグレッグの打ち下ろしていくロングホール。フェアウェイの両サイドは樹木に囲まれ、ティーショット、セカンドとも落とし所が狭い。また右のOBも浅いので要注意。表示距離は長いが、打ち下ろしで距離が稼げるので、ロングヒッターは2オン可能。グリーンは横長で、左手前と右奥にバンカーが配されている。グリーンは右傾斜しているので、ピンの左から攻めたい。
 

15番 パー5 602ヤード(3)

15番 パー5 602ヤード(2)

15番 パー5 602ヤード(1)
 
17番 パー5 581ヤード
左ドッグレッグのロングホール。ティーショットではクリークが左に走り、そのクリークはやがてグリーン手前を横切る。打ち下ろしのティーショットとセカンドでは右OBにも注意。サードショットはクリーク越え。グリーン右手前のガードバンカーが効いている。
 

17番 パー5 581ヤード(3)

17番 パー5 581ヤード(2)

17番 パー5 581ヤード(1)
 
18番 パー4 433ヤード
ストレートのミドルホール。セカンドショットはやや打ち上げで、クリーク越え。グリーン手前のバンカーが効いている。このホールから望む山の景観も素晴らしい。
 

18番 パー4 433ヤード(3)

18番 パー4 433ヤード(2)

18番 パー4 433ヤード(1)
 
余談

キャディ

スラバヤ市内から車で1時間、スラバヤ空港から車で1時間。メートル表示なのでヤードに換算した。サウナ、マッサージあり。コッテージが隣接している。プレーするティーは自由に選べた。スラバヤ市は人口300万人のインドネシア第二の都市。

他のインドネシアでのジャック・ニクラウスの設計コースはダマイ・インダG&CC、ブミ・スルボン・ダマイ(BSD)コースエメラルダGC・プランテーションコース(9ホール)、ビンタンラグーンリゾート・ジャック・ニクラウスコースブキットダーモGC(ジャック・ニクラウスJr作)がある。



ロッジ

川魚の郷土料理

インドネシアのラムカレー