クルーデンベイGC
Cruden Bay Golf Club

コースデータ
所在地 スコットランド、アバデーン
コース長 6645ヤード パー70
コースレート 73.0
プレー日 2014年7月26日、2015年7月27日
設計者 オールド・トム・モリス、アーチー・シンプソン
再設計者 トム・シンプソン、ハーバート・フォーラー(1926)
オープン 1899年
キャディ あり (要事前予約)
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.20
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
満足度
6
 

起伏が豊かなリンクスコース。ホール毎の特徴がはっきりしていて全てのクラブを使う戦略性が高い。コースは自然のままのリンクス砂漠の原形の中にグリーンとティのみを配置し、野生の荒野そのままの姿が保たれている。OUTでは海は見えないが荒野の中のリンクスを思い存分味わえる。INは一転しては海が見えるホールが多く北海とビーチの雄大な景観が楽しめる。巨大な砂丘とコース内うねるように流れる1つのバーン(小川)の自然の地形をそのまま上手く活かした設計がされている。ブラインドショットも数多くあるがプレーしてとても楽しい。15番ホールのショートでのブラインドは他にない。4番ホールでの景観と海の見える高台にあるクラブハウスから眺めるコースの全景は、言葉では言い表せないほど美しい。



コースの景観

景観


オーシャン・ビュー

11番グリーンと海

スコアカード

 
4番 パー3 195ヤード

谷越えのチャレンジングなショート。名物ホール。グリーンに乗らなければ、手前は急傾斜のファアウェイなので、確実にグリーンに届くクラブで打つべき。手前のガードバンカーまで転がり落ちると、とても深いのでパーセーブが極端に難しくなる。横長のグリーンは受けながら左傾斜している。ティから臨む川と橋と町並みの景観が素晴らしい。2000年USゴルフマガジン誌にて世界ベスト500ホールと世界で最も景観の良い18ホールに選ばれている。

 

4番ホール左の川と町並み

4番 パー3 195ヤード(2)

4番 パー3 195ヤード(1)
 
6番 パー5 536ヤード

左ドッグレッグのロング。ティショットは豪快な打ち下ろしになり、フェアウェイ両サイドのデューンの間に打っていく。初めは緩やかに左に曲がり、グリーンまで残り50ヤードの地点でほぼ直角に左に曲がっている。ロングヒッターはグリーンの手前を走るクリーク越えになるが、2オン可能。ティショットは左右のマウンドが絡んでくる。セカンドを刻む場合は落し所のフェアウェイにバンカーが2つあるので、左サイドに打つのが良い。3打目は打ち上げで、グリーンは左右の2段で左が高い。

 

6番 パー5 536ヤード(3)

6番 パー5 536ヤード(2)

6番 パー5 536ヤード(1)
 
7番 パー4 449ヤード

7番 パー4 449ヤード(2)

7番 パー4 449ヤード(1)
ほぼストレートの長いミドル。セカンドは打ち上げになり、グリーン手前の左右に聳え立つマウンドの間に打っていく。グリーンは縦に細長く横幅があまりない。グリーンの左右に少しでも外れると、下り傾斜でよりピンから遠くなる。グリーンは手前から奥に強く下っている2段グリーン。セカンドの正確性が要求されるホール。
 
9番 パー4 452ヤード

9番 パー4 452ヤード(2)

9番 パー4 452ヤード(1)
ストレートのタフなミドル。ティグランドは50メートルの高台にあり、コースの海を一望できる素晴らしい景観を楽しめる。ティショットは打ち上げ、セカンドは打ち下ろし。ティショットでは右のOBラインとフェアウェイの左右に2つずつ配されたフェアウェイバンカーに注意。グリーンは少し左傾斜。
 
10番 パー4 380ヤード

10番 パー4 380ヤード(2)

10番 パー4 380ヤード(1)
ストレートのミドル。ティショットもセカンドも右のOBラインは浅いので要注意。ティショットは豪快なに打ち下ろし。セカンドはクリーク越え。グリーンは砲台の2段グリーンで左サイドは2つのポットバンカーにガードされている。
 
13番 パー5 575ヤード

やや右ドッグレッグの距離のあるロング。ティショットは右サイド狙い、セカンドは左サイド狙いが良い。セカンドはクリーク越え。砲台グリーン。

 

17番 パー4 394ヤード(3)

17番 パー4 394ヤード(2)

17番 パー4 394ヤード(1)
 
14番 パー4 415ヤード

ホールの右に海が広がる、右ドッグレッグのミドル。ティショットは狭いフェアウェイでしかも左サイドに2つバンカーが効いてくるので、正確なショットが要求される。セカンドはやや打ち上げの全くブラインドショットになり、なだらかな丘を越えてグリーンを見ると15メートルほど窪んでいて “鍋底”のようなグリーンで忘れられないようなインパクトがある。縦長で50ヤードも奥行きがあるグリーン。

 

14番 パー4 415ヤード(3)

14番 パー4 415ヤード(2)

14番 パー4 415ヤード(1)
 
15番 パー3 242ヤード

15番 パー3 242ヤード(2)

15番 パー3 242ヤード(1)
ブラインドのショート。左ドッグレッグの距離の短いミドルのようなとても長いショート。左から砂丘が大きく迫り出していて、ティからグリーンは見えない。ティショットで距離が出ないと、右に逃げてセカンドのアプローチ勝負が無難。
 
16番 パー3 180ヤード

16番 パー3 180ヤード(2)

16番 パー3 180ヤード(1)
グリーン20ヤード手前にあるマウンド越えのショート。グリーンは手前から奥に下っているので、ピンまでの距離を合わすのが難しい。
 
17番 パー4 424ヤード

ほぼストレートのミドル。フェアウェイセンターに大きなマウンドがあり、その左がベストポジションだが、落し所は狭い。セカンドは強い砲台グリーンに打っていくので1番手クラブをあげる必要がある。

 

17番 パー4 4244ヤード(3)

17番 パー4 424ヤード(2)

17番 パー4 424ヤード(1)
 
余談
アバディーンから車で45分、インヴァネスから2時間半、エディンバラから車で2時間半。距離表示はグリーンエッまで。


キャディ

レストラン

ランチ

このゴルフ場はゴルフマガジン誌の2013年度、世界第79位に選ばれている。2013-2014ゴルフ・マガジン史の世界100選では第70位に選ばれている。トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)の2014年度スコットランドのベストゴルフコース第13位、イギリス諸島全体では第31位に選ばれている。2008年度の統計ではイギリス諸島全体で2752コースあり、その内スコットランドにはおよそ580コースある

オールド・トム・モリスの他の設計コースは、ミュアフィールドGC、カーノスティGCプレストウィックGC、ダンバーGC 、クレイルGC、マレーGC、ロイヤル・ドーノッホGC(ストラーコース)、ネアンGC、キングホーンGC、マクリハニッシュGC、ランディンGC、アンストラザーGC、ロイヤル・カウンティ・ダウンGCなどがある。



コースから望むスレインズ城

スレインズ城

スレインズ城

ゴルフ場からスレインズ城まで車で5分と徒歩10分で着く、スレインズ城(Slains Castle)は1594年に建てられた、断崖絶壁にある廃墟。世界的に有名な演劇「プラム・ストーカー」の「ドラキュラ」の「ドラキュラ城」のモデルになったお城。