千葉カントリークラブ、野田コース
Chiba Country Club – Noda Course

コースデータ
所在地 千葉県
コース長 6767ヤード、パー72
コースレート 72.2
プレー日 2005年10月22日
設計者 .藤田鉄哉
オープン 1954年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
4.05
コースレイアウト
4
難易度
3
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
 

松林に各ホールがセパレートされた林間コース。2グリーン制でグリーンは砲台で小さく、グリーン廻りの技術が要求されるコース。フラットな立地の上にドッグレッグが多いのが特徴で、ティショットの落し所を限定している。Outの松林はせり出していないのでそれほど効いてこないが、Inでは左右の松林は浅く、少しでも曲げるとペナルティを払わなければならないホールが多くなる。2003年に日本女子オープンが開催された。合計3コースあり、それぞれが独立しているゴルフ場で、少し離れた場所に、梅郷コース川間コースがある。



クラブハウスからの景観

7番グリーンの景観

8番グリーンと池

 
2番 パー3 208ヤード

2番 パー3 208ヤード(2)

2番 パー3 208ヤード(1)
距離のあるショートホール。グリーンの両脇をバンカーがガードしていて、花道が狭い。
 
5番 パー4 418ヤード
ほぼ直角に曲がる左ドッグレッグ。左コーナーに位置する木立越えのショートカットは260ヤード以上の距離が出なければ、セカンドショットでグリーンが狙えなくなる。グリーンは小さく、しかも両サイドをバンカーが固めている。ティショット、セカンドとも正確なショットが要求されるホール。
 

5番 パー4 418ヤード(3)

5番 パー4 418ヤード(2)

5番 パー4 418ヤード(1)
 
9番 パー4 372ヤード 
右ドッグレッグ。右側ショートカット狙いは松林が張り出していて、右コーナー近辺にはフェアウェイの左側に横たわっている二つのブラインドのフェアウェイバンカーに入り易いので注意が必要。グリーンは微妙な傾斜がある、少し砲台受けグリーンで、グリーン周りのバンカーの配置が絶妙である。グリーン奥のラフは逆目、左足下がりになる。
 

9番 パー4 372ヤード (3)

9番 パー4 372ヤード (2)

9番 パー4 372ヤード (1)
 
14番 パー4 409ヤード
左ドッグレッグの難ホール。ティショットは左に3個並ぶバンカーの右狙い。セカンドショットでは、グリーン手前をガードしている大きなバンカーと、グリーン右に配された松林が効いている。ただグリーンは横長で奥にバンカーがあるため、右側花道ルートが安全。
 

14番 パー4 409ヤード(3)

14番 パー4 409ヤード(2)

14番 パー4 409ヤード(1)
 
16番 パー4 425ヤード
右ドッグレッグ。ショートカットの池越えは250ヤードのキャリーが必要。また飛距離が足りないとフェアウェイが右の池の方へ傾斜していてフェアウェイ右側に飛んだボールは池の方へ転がるので要注意。セカンドはやや打ち上げになる。グリーン手前のフェアウェイは急斜面でグリーンを少しでもショートすると下までころがり落ちる。パーオンしたとしても、グリーンは傾斜が強いのでパットが難しい。

16番 パー4 425ヤード(3)

16番 パー4 425ヤード(2)

16番 パー4 425ヤード(1)
 
17番 パー3 195ヤード

17番 パー3 195ヤード(2)

17番 パー3 195ヤード(1)
美しいショートホール。グリーンは少し砲台で、グリーンとバンカーのなめらかな曲線と奥の松林に配置が素晴らしい。このホールのグリーン左右をバンカーがしっかりガードしている。左側はOBゾーンが浅いので要注意。
 
18番 パー5 499ヤード
2オン可能なストレートなロングホール。ティショットは少し打ち下ろしになり、セカンドは少し打ち上げになる。ティから250ヤード先にケヤキの大きな木がフェアウェイの真ん中に立っている。フェアウェイは若干池の方へ傾斜しているので、ベストポジションはけやきの左側。セカンドではフェアウェイ左はOBになるので、フッカーは注意が必要。デザイン的には平均的を少し超えるレベルだが、当日のキャディが語っていたには、2003年の日本女子オープンでは、多くの女子プロがこの500ヤードを2オンさせていたと言う。女子プロの力恐るべし。
 

18番 パー5 499ヤード(3)

18番 パー5 499ヤード(2)

18番 パー5 499ヤード(1)
 
余談

レストラン

東京都心から車で50分。ビジターのプレーは平日はメンバーの紹介、土曜はメンバーの同伴が必要で、日祝は不可。オフィシャルハンディの合計が40以下ならフルバックティでのプレーは可能のようだ。

藤田鉄哉設計の他のコースは、霞ヶ関CC・東コース、習志野CC・キング、クィーンコース、紫雲GC・加治川コース、伊豆国際CCがある。