千葉カントリークラブ、梅郷コース
Chiba Country Club – Umesato Course

コースデータ
所在地 千葉県
コース長 7111ヤード、パー72
コースレート 73.4
プレー日 2005年10月、2014年5月
設計者 .安田幸吉  改造:川田太三
オープン 1960年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
4.60
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディシ
4
造形美、景観
4
満足度
5
 
松林に各ホールがセパレートされた林間コース。以前は小さな2グリーンだったが、2003年からサブグリーンは撤去され、メイングリーンは改造されて大きくなりベントの1グリーンになった。距離は7100ヤードを越え、砲台グリーンを大きなバンカーががっちりガードしているので正確な飛距離と方向性が求められる。ほぼフラットな地形に、ドッグレッグやクロスバンカーでアクセントを付けている。Outも良いレイアウトだが、Inの方がより変化があり面白みのあるデザイン。合計3コースあり、それぞれが独立しているゴルフ場で、少し離れた場所に、野田コース川間コースがある。

クラブハウスからの景観

景観

景観

 
2番 パー5 517ヤード
やや右ドッグレッグ。右から林が張り出しているので、フェアウェイ左を狙っていきたい。2オンを狙うロングヒッターには、グリーン左手前の小さな池と手前に聳える松の木が効いてくる。この池は昔のサブグリーンをそのまま池にしたようだが、2年前に新しく出来たようには見えず、昔からずっとあったように見え、周囲の景観と見事に調和している。
 

2番池とグリーン

2番 パー5 517ヤード(2)

2番 パー5 517ヤード(1)
 
4番 パー4 452ヤード

4番 パー4 452ヤード(2)

4番 パー4 452ヤード(1)
急角度で右ドッグしているホール。右コーナーのバンカー越えは260ヤードのキャリーが必要なので、左から攻めるのが安全。2打目は230ヤード近く残るので攻めるのか、刻むのか攻め方を決めたい。グリーンは奥が低い縦長の2段グリーンで左右にバンカーが固めている。
 
6番 パー5 601ヤード

6番 パー5 601ヤード
距離のある、ストレートのロングホール。左右から張り出した木々がティショットの落し所を限定しているので、ティショットが特に難しい。グリーンは横長で右側が高くなっているグリーンなので奥や右ラフに行くと攻めづらい。
 
10番 パー4 436ヤード

10番 パー4 436ヤード(2)

10番 パー4 436ヤード(1)
ストレートのパー4。ティから260ヤード先に池が横切る。セカンドショットは180ヤード以上残ることになり、やや砲台グリーンへ正確なショットが必要。左右をバンカーに挟まれた受けグリーンなので花道から攻めたい。
 
13番 パー3 175ヤード

13番 パー3 175ヤード(2)

13番 パー3 175ヤード(1)
美しいホール。グリーンがバンカーだけでなく、松林にも囲まれている。やや左側が高く右に傾斜しているので、左にはずすと難しい。
 
14番 パー5 562ヤード
ほぼ90度、左ドッグしているホール。ティショットは右サイドを狙う必要がある。セカンドショットで左の林と中央の木が邪魔にならない。グリーンは高低差の強い受け状の砲台グリーンで、アプローチショットを曲げると、手前のバンカー、左右の林に打ち込むことになる。
 

14番 パー5 562ヤード(3)

14番 パー5 562ヤード(2)

14番 パー5 562ヤード(1)
 
16番 パー3 204ヤード

16番 パー3 204ヤード(2)

16番 パー3 204ヤード(1)
チャレンジングなホール。グリーン手前と右バンカーが効いていて、グリーン奥にもバンカーがあり、OBゾーンの浅い松林となっている。グリーンは傾斜の強い大きな2段グリーン。
 
17番 パー4 415ヤード
ほぼ直角に右ドッグしているホール。ショートカットの右コーナーバンカー越えで、240ヤードのキャリーが必要。しかしスライスしすぎると、松林の中のOBに行く可能性が高い。セカンドショットはやや打ち下ろしで左手前に池がある。
 

17番 パー4 415ヤード(3)

17番 パー4 415ヤード(2)

17番 パー4 415ヤード(1)
 
余談

レストラン

東京都心から車で40分。ビジターのプレーは平日はメンバーの紹介、土曜はメンバーの同伴が必要で、日祝は不可。オフィシャルハンディの合計が40以下ならフルバックティからのプレーが可能。

ゴルフクラシック誌主催2004年日本ゴルフコースランキングでは60位に選ばれている。安田幸吉設計の他のコースは小樽CC平川CCカメリアヒルズCC、茂原CC、ツキサップGC、旭川国際CC、多摩GC、浜名湖CC、水海道GCなどがある。

今回100位以内に選出されたたのは初めてで、2003年に、2グリーンを1グリーンに大改造し、距離も200ヤードほど長くしたのが好影響している。グリーンの改造は川田太三の設計で、彼の設計のコースはイーグルポイントGC(旧称常陸台GC、同ランク79位)、若洲ゴルフリンクス北海道ブルックスCCアートレークGCなどがある。また、彼は霞ヶ関CC・西コースのグリーン改造を手がけたことでも有名。