廣野ゴルフ倶楽部
Hirono Golf Club

コースデータ
所在地 兵庫県
コース長 7169ヤード パー72
コースレート 75.8
プレー日 2016年4月14日、他3回
設計者 チャールズ・アリソン
オープン 1932年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.40
コースレイアウト
6
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
満足度
6

様々なゴルフ場ランキングにおいて、日本ベスト1のコース。全てのホールが松林によって完全にセパレートされた、歴史を感じさせる手造りの林間コースで、ホールごとに趣が異なる。Outはフラットでタフなパー4が数多く続き、Inはアップダウンが多少あり、美しさと戦略性のあるホールが多い。設計者にちなんで名づけられた背丈ほどの高さがある、アリソンバンカーが各ホールのグリーンをいくつも取り囲んでいる。アリソンバンカーに入れるとパーセーブが極端に難しくなるので、入れないようにするのがスコアーをまとめるための攻略法。またグリーンは比較的大きいが、全て砲台になっており、グリーンを外した時に難しいアプローチが残るだけでなく、たとえパーオンしてもグリーンが速くてアンジュレーションがあり、油断できないパットになる。



2番ホールの景観

15番FWの松


13番グリーン近くの2つの橋

見事なハナズオウ

スコアカード

2003年プレー時のサイト

 
3番 パー4 461ヤード

左ドッグレッグの難ホール。右フェアウェイバンカーを越えるのは250ヤードのキャリーが必要。ティショットが260ヤード以上飛ぶと、右から林が迫り出して来ていて、落し所がとても狭くなる。グリーン右サイドには池がグリーンを半分囲み、左に逃げるとアリソンバンカーが待ち構えている。グリーンは30ヤード幅の円形の砲台グリーン。

 

3番 パー4 461ヤード(3)

3番 パー4 461ヤード(2)

3番 パー4 461ヤード(1)
 
4番 パー4 451ヤード

4番 パー4 451ヤード(2)

4番 パー4 451ヤード(1)

やや左ドッグレッグ。ティショットではフェアウェイの左右に配されたバンカーが効いきて、左のOBラインは浅いので要注意。このホールもグリーンに近づくほどフェアウェイ両側のハザードあるいは松林により、落し所が狭くなってくる。グリーンの左奥に1つのバンカーがあり、グリーン右半分は4つのバンカーに囲まれている。ピンが手前の時に少しでもショートすると、たとえフロントエッジに打ったとしても、砲台グリーンの手前の急な傾斜を転がり落ちるので注意が必要。

 
5番 パー3 152ヤード

5番 パー3 152ヤード
池越えの距離が短いショート。グリーン周りは4つの深いアリソンバンカーで囲まれている。受けグリーン。

 

 
7番 パー3 211ヤード

7番 パー3 211ヤード(2)

7番 パー3 211ヤード(1)

谷越えのチャレンジングなショート。グリーンを囲む4つのアリソンバンカーと、高さのある砲台でターゲットの小さいグリーンがプレッシャーを与える。

 
9番 パー5 542ヤード

やや右ドッグレッグ。ロングヒッターは2オン可能だが、フェアウェイ左右に配された3つのバンカーが効いてくる。ティ前方に両側とも林が迫り出しているのでティショットは視覚的にプレッシャーを感じる。グリーンは強い砲台で、その左右はアリソンバンカーでガードされている。2段グリーン。

 

9番 パー5 542ヤード(3)

9番 パー5 542ヤード(2)

9番 パー5 542ヤード(1)
 
12番 パー5 596ヤード

ホール左は池でOBになる左ドッグレッグの長いロング。ティショットは池とその先のクリーク越え。セカンドでは落とし所の左右から林が迫り出してきていて狭く、視覚的にも狙いづらい。グリーンは砲台の左傾斜で4つの深いバンカーに囲まれている。

 

12番 パー5 596ヤード(3)

12番 パー5 596ヤード(2)

12番 パー5 596ヤード(1)
 
13番 パー3 167ヤード

13番 パー3 167ヤード(2)

13番 パー3 167ヤード(1)

打ち下ろしで池越えの美しいショート。グリーン左右と奥にアリソンバンカーが配されている。グリーンは右傾斜。

 
14番 パー4 388ヤード

14番 パー4 388ヤード(2)

14番 パー4 388ヤード(1)

きつい打ち上げの左ドッグレッグ。フェアウェイが右から左に傾斜しているため、セカンドは傾斜の強いつま先上がりのアイアンショットになる。フックボールが出やすく、グリーン左にはOBゾーンがあるので、左への曲がりを計算にいれた緻密なショットが必要。グリーン周りには6つのバンカーがある。

 
15番 パー5 568ヤード

アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界ベスト500ホールに選ばれている。左ドッグレッグの名物ホール。ティショットの狙いはフェアウェイ左端に迫り出している大きな1本の松の右側が良い。その松の手前に打つとセカンド時にフェアウェイ左側にその松が良く効いていて打ちづらい。ただ右に行きすぎると、長くて大きいフェアウェイバンカーに捕まるので要注意。その松の木を越えるとすぐ50ヤード幅のスゥェル(窪地)があり、その窪地に打ち込むと、ラフが深い。セカンドは3つのフェアウェイバンカー越え。クリーン手前にもスゥェルがあり、砲台グリーンの傾斜を強くしている。グリーンは4つのアリソンバンカーで囲まれている。強い受けグリーン。

 

15番 パー5 568ヤード(3)

15番 パー5 568ヤード(2)

15番 パー5 568ヤード(1)
 
17番 パー3 231ヤード

17番 パー3 231ヤード
池越えの距離のとても長いショート。グリーン右手前と左に配されたアリソンバンカーが効いている。

 

 
18番 パー4 459ヤード

18番 パー4 459ヤード(2)

18番 パー4 459ヤード(1)

左ドッグレッグ。ティショットは4つのバンカー越え。2打目はスウェル超えで、グリーンは30ヤード幅の円形で砲台の強い受けグリーン。

 
余談
神戸市から車で30分。神戸市・三ノ宮駅から電車で40分。ゴルフ場のすぐ前に神戸電鉄・広野ゴルフ場前駅がある。



キャディ


クラブハウス内

レストラン

ランチ

メンバー同伴必須。昼食時のカレーライスは絶品。また、ゴルフ場内にあるゴルフミュージアムは日本ゴルフの歴史上において貴重な展示物が多く日本ゴルフの歴史を十分理解できるので、ゴルフファンは必見。



ゴルフミュージアム

ゴルフミュージアム

ゴルフミュージアム

ゴルフマガジン2015年度世界ベスト100にて42位に選ばれている。アジアでベスト100にランクインしているのは6コースで、日本では他に川奈・富士コース(68位)、東京GC(96位)、韓国のナイン・ブリッジGC(43位)、中国のシャンチン・ベイ(47位)、タイのアヨダヤ・リンクス(76位)がある。

背丈ぐらいの高さのあるバンカーを日本ではこの設計者にちなんで全て“アリソンバンカー”と呼ぶが、海外では通用しない。日本以外の国では、そのようなバンカーを“ディープ(深い)バンカー”と呼ぶだけである。



神戸ベイシェラトン

神戸ベイシェラトン

部屋から見る景色

ホテルは神戸ベイシェラトンに泊まった。ゴルフ場まで車で50分。 窓からの景観が素晴らしく、神戸の夜景が特に良い。ホテル内の天然温泉も心地よい。ゴルフ場の近くに有馬温泉があり、車で40分で着く。