箱根カントリー倶楽部
Hakone Country Club

コースデータ
所在地 神奈川県
コース長 7045ヤード、パー72
コースレート73.1
プレー日 2003年12月1日
設計者 赤星四郎
オープン1954年
キャディあり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
3.95
コースレイアウト
4
難易度
3
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
3
造形美、景観
4
クラブハウス

クラブハウスからの景観クラブハウスからの景観箱根の丘陸地にダイナミックに展開された美しいコース。
クラブハウスからの景観も雄大で、コース全体が見渡せる。海抜700メートルなので夏ゴルフは涼しくプレーできる。ただ、ティグランドからはハザードがあまり効いてなく、林間コースと違って木々が各ホールを完全にセパレートしているホールが少ない。しかもグリーン外周もバンカーがあまり効いていないホールが多い結果、間延びしている感じになり、コースレイアウトよりもずっと簡単に感じた。これは、リゾートコースということで難しくできない配慮があるのかもしれない。広々としたオーソドックスなデザインでOBが少なく、伸び伸びとプレーできるので初中級者には楽しめるレイアウト。上級者にとっては、グリーンでのパットが面白い。大型で微妙なアンジュレーションがある上に早いので、たとえ乗ったからと言って安心できない。パー以下で上がるためには、ピン位置から逆算して緻密なルート設定が必要になる。4番、6番、15番はハザードが十分プレッシャーになっており、タフですばらしいホール。
 
2番  パー3 145ヤード
2番 パー3 145ヤード
2番 パー3 145ヤード
アイランドグリーンではないが、10個程の小さい池が大きなグリーン周辺を囲んでいる。池はあまり効いていないので簡単だが、非常に美しいホール。
 
4番 パー4 440ヤード
4番 パー4 440ヤード
4番 パー4 440ヤード (2)
4番 パー4 440ヤード
4番 パー4 440ヤード (1)
ティショットはやや打ち下ろしの、距離が長い豪快なパー4。セカンドショットはクリークを超えて、砲台グリーンに打っていく。グリーンは縦45ヤードと長く、受けている。グリーン左はバンカーがガードしている。
 
6番 パー3 210ヤード
6番 パー3 210ヤード
6番 パー3 210ヤード (2)
6番 パー3 210ヤード
6番 パー3 210ヤード (1)
大変チャレンジングなパー3。距離が長いだけでなく、右OBとグリーン両サイドにあるバンカーがこのホールを難しくしている。
 
12番  パー5 486ヤード
12番 パー5 486ヤード
12番 パー5 486ヤード (2)
12番 パー5 486ヤード
12番 パー5 486ヤード (1)
距離の短いサービスホールのパー5。ティショットは打ち下ろしなので距離がでる。セカンドはグリーンショートすれば、手前の深いバンカーに捕まるので、大きめのクラブでグリーンを狙うほうが良い。このホールも簡単だが美しいホール。
 
14番  パー3 195ヤード
14番 パー3 195ヤード
14番 パー3 195ヤード
横長のグリーンの手前と、左右にバンカーが待ち構えている。グリーンはアンジュレーションがあり、たとえパーオンしてもピンから距離があれば3パットの可能性がある。
 
15番  パー5 546ヤード
15番 パー5 546ヤード
15番 パー5 546ヤード
1打目はやや打ち下ろしで、2打目はやや打ち上げのパー5。フェアウェイはタイト。グリーンは8ヤードほど砲台に造られていて、アンジュレーションがきつい。グリーン右手前のバンカーも効いている。
 
余談
15番 パー5 546ヤード
16番グリーンからの景観
プレーには会員の紹介が必要。ゴルフクラシック誌主催2002年日本ゴルフコースランキングでは63位に選ばれている。そのランキング100位以内では赤星四郎の設計は霞ヶ関CC東コース、茶屋GCの3コースがある。特に霞ヶ関CC東コースはアメリカの2002年USゴルフマガジン誌の世界ベスト100ゴルフコースでも86位に入っている。 他に台湾では、台湾(淡水)G&CC の初期の設計を手伝っている。