グレンジGC、イーストコース
Grange Golf Club –East Course

コースデータ
所在地 オーストラリア、南オーストラリア州
コース長 6947ヤード パー72
コースレート 74.0
プレー日 2007年12月13日
設計者 バーン・モルコム
オープン 1956年
キャディ なし
ゴルフカート あり (フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.10
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
 

6番グリーンの景観

ほぼフラットな立地に展開する林間風の趣があるコース。自然のマウンド、アンジュレーションを上手に使ってデザインされている。魅力的なバンカーが多いのも特徴。ウェストコース、イーストコースの36ホールあり、イーストコースのバンカーがより浅くて、数がすくないのでイーストコースの方がより易しい。



景観

景観

5番フェアウェイの鴨

 
1番 パー4 383ヤード

1番 パー4 383ヤード(2)

1番 パー4 383ヤード(1)
右ドッグレッグのミドル。ロングヒッターは右コーナーのバンカーは越えるが、プレー時には60ヤード後方に新たなティー造成中で、このティーからのプレーではティーショットで全く違った攻撃ルートを選択しなければならない。グリーン右にバンカー、左にスロープが配されている。受けグリーン。

 

5番 パー4 377ヤード

5番 パー4 377ヤード(2)

5番 パー4 377ヤード(1)

右ドッグレッグのミドル。ティーショットは池越えで、フェアウェイ右サイドは池に面する。セカンドショットではグリーン左と右手前のバンカーが効いてくる。

 
8番 パー3 186ヤード

8番 パー3 186ヤード
池越えの美しいショート。グリーンは大きく、フラット。
 
10番 パー4 433ヤード

10番 パー4 433ヤード(2)

10番 パー4 433ヤード(1)
左ドッグレッグの難ホール。フェアウェイが狭い上に、左コーナーの木立が迫り出しているので、ティーショットは距離と正確性が必要。グリーン左はバンカーでガードされている。
 
12番 パー4 405ヤード
左ドッグレッグのミドル。フェアウェイは狭く、その両サイドに木立が立ち並ぶ。グリーンは受けていて、木立で囲まれている。グリーン右のガードバンカーは大きくて深いので注意。ティーショット。セカンドともに正確性が必要なホール。
 

12番 パー4 405ヤード(3)

12番 パー4 405ヤード(2)

12番 パー4 405ヤード(1)
 
14番 パー3 188ヤード

14番 パー3 188ヤード(2)

14番 パー3 188ヤード(1)
グリーンがバンカーに困れているショート。グリーンのフロントサイドは、横幅が15ヤードしかないので、ティーショットが難しい。

 

 
17番 パー4 443ヤード

17番 パー4 443ヤード(2)

17番 パー4 443ヤード(1)
距離のあるミドル。縦長の受けグリーン。グリーン両サイドにバンカーが配されている。

余談

アデレード市内より車で20分。アデレード空港より15分。プレーには原則的にはメンバーの同伴が必要だが、直接クラブに予約を申し込むとプレー可能な場合もある。メートル表示。

ゴルフダイジェスト誌で2006年度オーストラリア第55位に選ばれている。バーン・モーコン設計の他のオーストラリアでのコースは、グレンジGC・ウェストコース(同評価第48位)、ロイヤルホバートGC(第56位)、グレネルグGC(第69位)、スプリングバレーGC(第70位)、サンドリンハンGR、バロッサバレーGC、デボンポートGCなどがある。



プロショップ

レストラン