リージャスクレストゴルフクラブ、ロイヤルコース
Regus Crest Golf Club – Royal Course

コースデータ
所在地 広島県
コース長 6892ヤード、パー72
コースレート 73.1
プレー日 2005年7月24日
設計者 ロバート・トレント・ジョーンズJr...
オープン 1994年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
3
造形美、景観
5
 

上級者向きの戦略性に富んだ、丘陵コース。隣接してプレーには少し易しいグランドコースがある。典型的な日本の山間にある大自然の土地に上手に36ホールがレイアウトざれていて、山あり、谷あり、林あり、沢ありと変化に富む。最初にグランドが出来て、1年後にこのロイヤルができたのだが、グランドは莫大なお金をつぎ込み、フェアウェイを平らになるように整地し、多くの山や林を切り開いたようだが、ロイヤルは最高の自然の立地に必要最低限の林の伐採をしただけなので、フェアウェイ、ラフ共のほとんどが自然の起伏の上にあるので、セカンド、サードショットはいろいろなライからのショットが試される。その上、最大限の自然が残されているので、ショットの落し所が狭いホールが多く厳しい設定になっているので、正確なショットを打たなければスコアーがまとまらない。グリーンのアンジュレーションも大きい。コースを攻略する楽しみを味わいたいプレーヤーなら十分満足出来るはずである。

 


クラブハウスからの景観

クラブハウスからの景観

景観

 
1番 パー4 446ヤード

1番 パー4 446ヤード(2)

1番 パー4 446ヤード(1)
急な右ドッグレッグ。ティショットは豪快な打ち下ろしで、ホール左右の林が効いている。セカンドショットではグリーン右サイドは池になる。ティから望む、遠方の山々が幾重にも重なり合う景色は雄大。
 
2番 パー5 531ヤード
左ドッグレッグ。ティショットは谷越えになり、ショートカットの左のバンカー越えには235ヤードのキャリーが必要。左側のフェアウェイが右側より低いので、ダブルフェアウェイを形成している。グリーンは砲台で、その手前をあごの高いバンカーがガードしている。
 

2番 パー5 531ヤード(3)

2番 パー5 531ヤード(2)

2番 パー5 531ヤード(1)
 
4番 パー4 156ヤード

4番 パー4 156ヤード(2)

4番 パー4 156ヤード(1)
谷越えのショートホール。グリーンは左手前から右後方へ横長になっていて、その前も後ろもOBになる。グリーンの奥行きは15ヤードほどしかないので、正確で距離を合わせたショットをしないと大たたきする。短いパー3だが侮れないホール。
 
6番 パー4 319ヤード

6番 パー4 319ヤード(2)

6番 パー4 319ヤード(1)
打ち上げの短いミドルホール。谷越えの狭い場所に果敢にドライバーで攻めていく か、安全な右サイドにロングアイアンなのでポジションをキープするか、2者択一の選択を強いられる。2段グリーン。
 
7番 パー5 528ヤード
ストレートなホールで最後にグリーンは右に振られている。2オン可能なホールだが、グリーン手前、右、後ろは崖になるので、正確なセカンドショットが必要。このホールも2オンを狙うか、グリーン手前に安全に刻むかの決断を迫られる。グリーンは左から崖のある右のほうへ傾斜している。
 

7番 パー5 528ヤード(3)

7番 パー5 528ヤード(2)

7番 パー5 528ヤード(1)
 
10番 パー4 392ヤード
軽い打ち上げホール。ティショットでは左の谷がプレッシャーになる。セカンドショットは谷越えバンカー越えで、グリーン面が見えないので難しい。グリーンはすり鉢状で傾斜が非常に強い。
 

10番 パー4 392ヤード(3)

10番 パー4 392ヤード(2)

10番 パー4 392ヤード(1)
 
11番 パー5 585ヤード
距離のあるストレートなロングホール。フェアウェイは波打っていて、サードショットは急な打ち上げになる。セカンドショットのポジショニングが大事なホール。
 

11番 パー5 585ヤード(3)

11番 パー5 585ヤード(2)

11番 パー5 585ヤード(1)
 
12番 パー4 399ヤード
打ち上げの難ホール。ティショットがキャリーで230ヤードのフェアウェイ上段まで飛ばなければ、セカンドでグリーンを狙えない。セカンドショットは谷越えになり、グリーン右サイド以外の3方を谷に囲まれているので、正確なショットが必要なのは言うまでもない。グリーンは左の谷の方へ傾斜している。
 

12番 パー4 399ヤード(3)

12番 パー4 399ヤード(2)

12番 パー4 399ヤード(1)
 
13番 パー3 170ヤード

13番 パー3 170ヤード
名物のショートホール。四方を谷で囲まれた“陸の孤島”スタイルのグリーン。グリーン周りがほとんどOBになる。人工池を使用したアイランドグリーンよりもダイナミックで豪快なデザイン。
 
17番 パー4 451ヤード

17番 パー4 451ヤード(2)

17番 パー4 451ヤード(1)
緩やかな打ち上げの、長いパー4。フェアウェイ左側にティショットを打てば、セカンドでグリーンを狙えやすい。セカンドはフェアウェイウッドで打つことになるが、距離が出てスピンを利かさなければ、少し砲台グリーンに止まらなく、奥にこぼれることが多い。パーセーブ出来れば、非常に嬉しいホール。
 
18番 パー5 577ヤード
ストレートホール。ティショットをフェアウェイ左半分に打つと、セカンドは打ち易い。セカンドはフェアウェイバンカー越えに打っていくが、グリーン手前100ヤードから左から張り出している池に注意が必要。グリーン左側は池に接するので、アプローチでフックは禁物。グリーンは手前から奥に傾斜がある。
 

18番 パー5 577ヤード(3)

18番 パー5 577ヤード(2)

18番 パー5 577ヤード(1)
 
余談
広島市内から車で70分。食事はブッフェ・スタイルでとても美味しい。クラブハウスは龍宮城をイメージしているようだが、周囲の景観と上手く溶け合っている。浴室はサウナがあり、お風呂場からコースを眺めることが出来る。ヤーデージ杭はグリーンセンターでなく、グリーンフロントまでを表示。

レストラン

レストラン

ロビー

ビジターは予約可能。バックティのゴールドティには4人合計36以下のハンディキャップかメンバー同伴かのどちらかが必要。最長のツアーティは7063ヤードあり、メンバーでもクラブチャンピオンなどのクラブ3大競技しか使えないので、6892ヤードのゴールドティをこのコースの最長のティとした。

ゴルフクラシック誌主催2002年日本ゴルフコースランキングでは65位に選ばれている。ゴルフクラシック誌主催2002年日本ゴルフコースランキング100位以内では、井上誠一設計のコースが最多の17コース選ばれている。2位はロバート・トレントJrの10コース。3位はジャック・ニクラスの7コース、4位は上田治の6コース。100位以内に選ばれた他のロバート・トレント・ジョーンズJr設計コースは、桂GCゴールデンバレーGCパインレークGC鬼ノ城GCスプリングフィールドGC美浦GCイーストウッドCCオークヒルズCC、端陵GC、チェリーヒルズGCなどである。他にはザ・カントリークラブがある。