メラピGC
Merapi Golf Course

コースデータ
所在地 インドネシア、ジョグジャカルタ州  
コース長 6949ヤード パー72  
コースレート 74.0  
プレー日 2008年9月5日  
設計者 ピーター・トムソン(トムソン、ウォルバーリッジ&ペレット)  
オープン 1996年  
キャディ あり  
ゴルフカート あり(フェアウェイ乗り入れ可)  
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
クラブハウス
 
活火山の麓に展開する丘陵コース。海抜2911メートルの雄大なムラピ山を背景とした美しく、チャレンジングなコース。起伏に富んだ地形と美しい自然を生かしたレイアウトで、ファウェイはタイトなホールが多く、その両側は豊富な樹木でガードされているので、正確なショットが要求される。ほとんどのグリーンが砲台で、しかもバンカーでガードされているので、アプローチはスピンが効いたボールが必要。海抜800メートルなので涼しい。コース内のいろいろな美しい草花がプレーを和ませてくる。
 

3番グリーン後方から望む景観

コースを彩る花


ムラピ山

ムラピ山

ムラピ山

 
 
2番 パー5 545ヤード
初めはストレートで残り100ヤードから緩やかに右ドッグレッグしているロングホール。セカンドショットの落とし所が、グリーン170ヤード手前にある丘で見えなく、フェアウェイ左の2つのバンカーが効いていて、ショットは緊張を強いられる。グリーンは少し砲台で。左手前に2つのバンカーが配されている。

2番 パー5 545ヤード(3)

2番 パー5 545ヤード(2)

2番 パー5 545ヤード(1)
 
4番 パー3 159ヤード

4番 パー3 159ヤード

グリーン右サイドはOBがある比較的短いショートホール。グリーンは縦に45ヤードで細長く、8つの深いバンカーで囲まれているので、左右のショットのブレは禁物。グリーンは3段で、急な受けグリーンなので、ピンをオーバーしないように打ちたい。グリーンは大噴火の名残の溶岩にもガードされている。

6番 パー4 454ヤード

6番 パー4 454ヤード(2)

6番 パー4 454ヤード(1)
ほぼストレートの長いミドルホール。ティーショットではファウェイ左の2つのバンカーが効いている。フェアウェイは左傾斜。セカンドショットはグリーン右手前の2つのバンカーが効いてくる。グリーンは左傾斜なので、右側から攻めたい。

 
7番 パー4 441ヤード
ストレートのタフなミドルホール。フェアウェイ中央に2つの深いバンカーが配され、左のバンカーを越えるには230ヤード、右のバンカーを越えるには250ヤードのキャリーが必要で、バンカーに捕まればパーオンが難しくなるので、プレーヤーの飛距離に応じてどのルートで攻めるかを決めなければならない。グリーンは砲台で手前を2つのバンカーでガードされているので、確実にグリーンに届くクラブ選択が必要。

7番 パー4 441ヤード(3)

7番 パー4 441ヤード(2)

7番 パー4 441ヤード(1)
 
11番 パー3 208ヤード

11番 パー3 208ヤード

比較的距離のあるショートホール。グリーン手前は3つのバンカーでガードされている。グリーンは横に長い。

13番 パー5 536ヤード
右ドッグレッグのロングホール。ティーショットではフェアウェイ両サイドのバンカーが効いてくる。フェアウェイ、グリーンとも左傾斜なので右側から攻めるべき。グリーンの前面はいくつかのバンカー、左と奥は林で囲まれている。


13番 パー5 536ヤード(3)

13番 パー5 536ヤード(2)

13番 パー5 536ヤード(1)
 
15番 パー4 427ヤード

左ドッグレッグの難しいミドルホール。山に向かって打っていく緩やかな打ち上げで、大自然の懐に抱かれていると感動できるホール。フェアウェイは狭く、左右に樹木が迫っているので、正確なティーショットが要求される。ロングヒッターはフェアウエィ右サイドの2つのバンカーが効いてくる。グリーンは砲台で、左手前のバンカーが効いてくる。グリーンは左傾斜なので、ピンの右側から攻めたい。

 


15番 パー4 427ヤード(3)

15番 パー4 427ヤード(2)

15番 パー4 427ヤード(1)
 
17番 パー5 562ヤード
右ドッグレッグのロングホール。ティーショットではフェアウェイ両サイドのバンカーが効いてくる。フェアウェイ、グリーンとも左傾斜なので右側から攻めるべき。グリーンの前面はいくつかのバンカー、左と奥は林で囲まれている。


17番 パー5 562ヤード(3)

17番 パー5 562ヤード(2)

17番 パー5 562ヤード(1)
 
余談

キャディ

ジョグジャカルタ市内から車で35分、空港から車で1時間。世界遺産のボルブドゥール寺院遺跡から車で1時間20分。ジョグジャカルタ市はインドネシアの古都。ブランパナン寺院遺跡から車で40分。メートル表示なのでヤードに換算した。

メラピ山は今でも活火山で1994年の大噴火の時は麓に住む100名が死亡した。ハイヤットリージェンシー・ジョグジャカルタに泊まったが、緑に囲まれたリラックスできるホテルだった。パー30、2071ヤードの良く整備されたショートコースを併設していて、気軽にプレーできる。

 

有名な山を借景にしたアジアでの有名なコースは、中国では玉龍雪山GC、日本では鳴沢GC太平洋クラブ・御殿場コース、マレーシアではマウントキナバルGCがある。

他のインドネシアでの、ピーター・トムソン(トムソン、ウォルバーリッジ&ペレット)設計コースはジャゴラヴィG&CCバリ・ハンダラ廣済堂CCロンボック・ゴルフ廣済堂CCフィナG&CCグヌングリスCCマウンティン・ビューGC、アナイGR、ある。